費用・機能面で人気の高い人材派遣管理システムを厳選!ランキング形式でおすすめのシステムを紹介しています。

スタッフの研修状況を把握してスキルアップを図る!

企業のニーズに応えられるようにするためには人材を育てていくことが重要だというのは当然でしょう。研修を受講するのはスキルアップをするのに良い機会となりますが、人によって受講状況には違いがあります。

人材派遣管理システムを使って受講状況の管理をできるようにすることで、全体的なレベルアップを図れるようにしましょう。

人材派遣会社ではスタッフのレベルアップが肝心

人材派遣会社ではスタッフの価値を高めることが重要課題の一つとして挙げられます。派遣会社が企業から依頼を受けられるようになるためには、この会社に依頼をすれば適材をすぐに紹介してもらえると思ってもらえるようにしなければなりません。

特に初めて派遣依頼を受けたときに企業のニーズに合ったスキルがある人材を派遣できるかどうかは大きなポイントで、そこで十分に納得できる能力のスタッフが来なかったとなると二度と依頼を受けられないこともあります。どの人材派遣会社が良いかというのはどの業界でもよく噂になっているため、どの企業に対しても適材を派遣できるようにしていかなければ悪評が広まってしまうリスクもあるでしょう。

そのため、いろいろな業務に対して柔軟に対応できる人材バンクを持っているのは人材派遣会社にとって欠かせないことです。それを作り上げるためにはスタッフの全体的なレベルアップをしていくことが重要になります。そのため、派遣会社ではスタッフに対して外部のプログラムを年に数回受けられる福利厚生を整えていることも稀ではありません。

また、スキルを必要とする仕事を求められたときには派遣するスタッフに対して独自のプログラムを実施していることもあります。このような機会を最大限に活用してもらい、人材バンクを豊かにしていくと人材派遣会社が評判を上げられるようになるでしょう。

研修状況を管理してスキルアップを促そう

現実的な問題としてはスタッフがそれほど意欲的に研修を活用してくれないということが挙げられます。機会があってもあえて時間を割かずに、今の自分にできる仕事を選んで働いているケースが多いのです。

その仕事をもっとできるようにするにはスキルの習得が有効であったとしても、新しいことを学ぶよりもただ働くだけで良いと考えていることも少なくありません。また、その仕事をするのに何らかのスキルがあれば良いということを知らない場合もあります。結果として受講している人がかなり少ないというケースもよくあるのです。

この状況では福利厚生を与えていても、事前研修を実施していてもコストがかかるだけで実りがないという問題が生じてしまいます。そのため研修状況を管理していくのは効果的な対策です。

一人一人の受講状況を確認し、あまり受講していない人には派遣先の業務に応じた適切なプログラムの受講を促すという仕組みを作ると、だんだんとスキルアップを目指してくれるスタッフが増えていくでしょう。

人材派遣管理システムを利用すると受講状況の管理も簡単にできます。研修の種類や内容を登録しておくことで、それを受講したかどうかをすぐに確認できるようになるからです。

また、内容を問わずに今月は何回の研修を受けたか、年間で通算何回になったかといったことを一覧表示することもできます。その集計結果を見てみると、ずっと受講していないこの人を研修に行かせるべきだということが簡単に判断することができるでしょう。システムによっては自動的にアラートを出せるものもあり、受講を促す手間も省けます。

マッチング機能も活用しやすくなる

人材派遣管理システムには派遣先を選ぶ際のマッチング機能も搭載されている場合が多いでしょう。研修を受講させることによってマッチング機能も活用しやすくなります。これを受講したならこのスキルを持っているはずだから、この派遣先を紹介しようという考え方ができるからです。

また、このスキルがあるなら、これ受けてもらったうえでこの派遣先に行ってもらいたいといったことも考えられるようになります。人材を育てながら企業のニーズにも適切に応えられるようにするためにも人材派遣管理システムの積極的な運用が効果的なのです。

 

人材派遣会社ではスタッフにスキルを習得させて全体的にレベルアップを図っていくことが重要です。企業のニーズに適切に応えられるようにするためには人材バンクを充実させなければならず、研修の機会を設けて成長してもらうのが効果的な方法でしょう。

ただ、福利厚生として任意に受講できるようにしたり、派遣先に応じて事前に受講するプログラムを用意しておいたりしても利用する人が少なくて実りがないこともあります。人材派遣管理システムを使ってきちんと受講管理をおこない、スキルアップが必要な人には受講を促していくのが大切です。受講状況からスキルの有無を判別できるため、受講管理をしておくと派遣先のマッチングをするときにも役に立ちます

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧