費用・機能面で人気の高い人材派遣管理システムを厳選!ランキング形式でおすすめのシステムを紹介しています。

人材派遣の管理は大変?人材派遣管理の悩みを解決する方法をご紹介!

人材派遣の管理は大変?

近年では、テレワークや転職の主流化などにより働き方もさまざまです。社員をまとめる企業においても、派遣サービスを利用する企業が増加傾向にあります。人材派遣を円滑に行うためには、社員を管理するうえでいろいろな悩みや問題が発生します。そこで今回は、人材派遣管理の悩みを適切に対処する方法をご紹介します。

派遣社員を雇用するときにすべきこと

ここでは、人材派遣会社から派遣先企業が社員を雇用するときにすべきことについてご紹介します。

人材派遣会社の選択方法

派遣先企業がまず行うことは、人材派遣会社を選択することです。人材派遣会社にも特定の業界や業種に強い企業や専任担当者サポートなど特徴があります。企業を比較しながら選択すれば好条件な社員との契約も可能となります。

雇用管理

続いて雇用管理です。派遣社員は派遣先企業との直接的な雇用関係ではないものの人材派遣会社との契約をもとに派遣社員がより働きやすくなるよう準備が大切です。

労務管理

派遣先企業労働基準法、労働安全衛生法、派遣法にもとづいた管理を行う必要があります。派遣法では、派遣先企業内で役割を選任します。どのような役割があり、決める基準があるのかご紹介します。

派遣先責任者

最初は、派遣先責任者についてです。派遣先責任者は、派遣社員に対して指揮命令者や苦情処理などを行う担当者を指導する重要な役割です。派遣社員が100名就労する企業では1人以上の派遣先責任者が必要となります。

指揮命令者

続いて指揮命令者です。指揮命令者の主な役割は、派遣社員に対し業務指示を行います。派遣社員と連携を図る機会が多いため、業務内容をしっかりと理解していることや部下とのコミュニケーションが円滑に図れる人が向いています。

苦情処理担当者

最後に苦情処理担当者です。単に派遣社員からの苦情を受けるだけでなく、情報を派遣企業へ報告し、解決へと導かなければいけません。感情的な側面を減らすために指揮命令者が苦情処理担当者を兼務することは控えましょう。

派遣社員の管理に必要なこと

派遣法や労働基準法にもとづき責任者や役割を選任したら、実際に派遣社員を管理するうえで必要なことを把握しておくことが大切です。中でも。とくに重要である5つの項目についてお伝えします。

派遣社員の勤怠管理

まず重要なのが、派遣社員の勤怠管理です。始業や就業、休憩の時間に関して1か月に一度の頻度で人材派遣会社へ報告します。具体例としては、タイムカードの導入やパソコンなどで勤退管理が行える体制があると円滑に管理が行えます。

派遣社員への指示・指導

実際の業務内容の指示を行うのは、派遣元ではなく派遣先企業です。その社員が何の業務をどれぐらいの期間で行うのかなど質問されやすい項目はあらかじめ決めておきます。

また派遣社員の人数が複数人である場合は、派遣社員の中でグループやリーダーなどの仕組み化を行い両者の手間を削減することが望ましいです。

社員の健康・衛生管理

派遣社員の健康管理は、もっとも重要です。双方にとってよい業務が遂行できるように派遣社員の体調管理は派遣元だけではなく派遣先企業も行う必要があります。過度な残業や危険事項に問題があると派遣先企業と人材派遣会社の両者で管理責任を負います。

環境・苦情管理

派遣社員が、快適に業務を遂行するためには、よい環境と苦情を適切に対応し管理することが大切です。

人材派遣管理の悩みを解決する方法

ここまで人派遣管理のおおまかな手順と必要な項目についてお伝えしました。では、人材派遣管理を行ううえでどのような悩みが多く上げられるのでしょうか?具体例をいくつかご紹介します。

派遣社員の管理でのよくある悩み

派遣社員管理でのよくある悩みとして、手作業で管理するのでミスや共有不足が多い。契約書や派遣先管理台帳の管理が大変。社内の派遣社員の状況を管理できていない。派遣法や労働基準法を遵守できているか不安に思う。などがあげられます。

人材派遣会社の管理でのよくある悩み

人材派遣会社では以下のような悩みがあげられます。複数の派遣会社と契約をしていて請求や勤務時間の承認が遅くなってしまう、複数の会社と契約をしていて管理が大変ということが多いです。

人材派遣管理システムを利用する

人材派遣管理における悩みとしては、社員の管理が大変、複数の企業と契約を結ぶため管理が大変ということがあげられていました。

それらを解決するために有効なのが、人材派遣システムを利用するということです。人材派遣管理システムではデータで情報を一元化でき、効率が上がることが一番のメリットです。

管理システムによっても派遣先企業と社員のマッチングを得意とするものや、契約や案件管理を得意とするもの、労務管理や給与払いを得意とするものなどがあります。それぞれの特徴を活かして利用すれば更なる効率アップが見込めます。

まとめ

今回の記事では、人材派遣管理を行う上で必要なこと、よくある悩みに対して人材派遣管理システムを利用すると効率化が図れる点についてご紹介しました。

人材派遣管理システムを利用すれば企業はもちろん社員個人の負担も減らすことができ、業務のパフォーマンスアップに告げることができます。ぜひ、いろいろな人材派遣管理システムを比較してみてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧