費用・機能面で人気の高い人材派遣管理システムを厳選!ランキング形式でおすすめのシステムを紹介しています。

オンプレミス型人材派遣管理システムのメリットとリスク


人材派遣管理システムを導入する場合、オンプレミスタイプとクラウドタイプのどちらにするか迷うでしょう。最近クラウドタイプの人材派遣管理システムが人気ですが、事前に調べて自社に合う方を選ぶことをおすすめします。オンプレミスタイプにもいろいろなメリットがあるため、さまざまな項目から比較検討してみることが大切です。

自由自在にアレンジすることができる

人材派遣管理システムのオンプレミスタイプは、社員規模が1,000人以上の会社におすすめです。自社でシステムを構築できますが、最初に5~10万円ぐらい導入コストがかかります。自社でシステムを構築する場合、3ヶ月以上の期間をみておくと安心です。ランニングコストとして、自社でシステムやサーバーを管理することになるので、維持費が必要になります。

その他にもサーバー交換やシステム変更、法改正対応費用などが発生することも覚えておきましょう。メリットとしては、拡張性を自社の要望に応じて自由にカスタマイズできるため、拡張性が高いことが挙げられます。他のシステムと連携できるだけでなく、セキュリティポリシーにマッチしたセキュリティ対策を行うことが可能です。

サポート体制については、保守契約を結ぶことでサポートを受けることができます。尚、就業規則についてはサポートに含まれない場合もあるので、事前に調べておきましょう。実際にシステムが合うかどうか完成するまでわからないというリスクがあり、部署によっては望ましい機能が異なったり、満足度が低くなったりするかもしれません。

担当者の能力やメーカーの実績から選択する方がよいですが、自由にカスタマイズできたり、独自のシステムを実現したりできるのは大きなメリットです。導入する際のコストがやや高額になる傾向がありますが、運用管理を自社で行うことができるので臨機応変に対応できます。

派遣スタッフの人数で判断できる

オンプレミスタイプのメリットは、自由にカスタマイズすることが可能な点です。カスタマイズした方がよい複雑な就業規則などを採用していたり、高い専門性の優秀なスタッフ在籍したりしている場合はオンプレミスタイプがおすすめです。

クラウドタイプも人気がありますが、クラウドタイプのメリットは、コストをかけずに最小限の機能を搭載したシステムを導入できる点です。低コストの理由として、人数に応じた従属課金制になっていることが挙げられますが、スタッフ規模が1,000人以上になると一人当たりのコストはオンプレミスタイプの方が安くなります。

スタッフ規模が1,000人以下の企業やそれまで何かしらのシステムを使っていない企業には、クラウドタイプの方がよいでしょう。人材派遣管理システムの価格体系はいろいろあり、オンプレミスやパッケージなどに代表される導入費用型や、月額固定費用型などがあります。

ユーザー数に応じた従量課金型も利用できますが、月額固定費用型や従量課金型の場合は初期費用が発生する商品もあるので注意が必要です。クラウドタイプの場合は毎月のコストは安価で済むのですが、契約している間は支払いが発生することになります。

人材派遣管理システムの利用を短期間で辞めるケースはほとんどないので、3年後や5年後もシステムを導入するという前提で検討しなければいけません。スタッフの人数に応じて、どのタイプがよいか判断していきましょう。

無料トライアルで機能を試すことができる

人材派遣管理システムを導入する場合、法改正の対応方法について無料で対応してもらえるか、有料になるかも気になるところです。働き方改革が進む中で、人材派遣管理はますます重要な業務になります。システムの中にはそのような法改正に自動的で対応しているものもあれば、追加費用で対応するものもあります。

有休休暇の残日数の確認や取得済み日数の確認など、どこまで自社が求めるかも合わせて考慮しなければいけません。必要な機能があるか、逆に機能が多すぎないかも大事なポイントです。人材派遣管理システムにはいろいろな機能がありますが、それほどの機能を必要としていなければシンプルな機能で月額料金が安いものがよいという場合もあるでしょう。

スタッフが少ない企業であれば、必要最小限の機能で安価なシステムを選択するところも多いです。システムを導入する前に、絶対に必要なものやあるとよいもの、不要なものなどを取りまとめてから各メーカーの資料を見ながら比較検討することをおすすめします。

オンプレミスタイプやクラウドタイプなど、無料トライアルサービスを提供しているメーカーが多いので、事前に試してみるとよいでしょう。スタッフ管理のしやすさや業務時間の把握など、使い勝手についても比較です。実際運用に近いような状態で無料トライアルを体験できるので、比較検討の参考にすることをおすすめします。

 

人材派遣管理システムは、自社に合った提供形態を選択することが大事です。オンプレミスタイプなどいろいろな種類があるので、最適な管理システムを見つけましょう。メーカーによってはオンプレミスタイプとクラウドタイプ両方のタイプでの提供が可能なので、どれにしようか迷っている場合は、一度相談してみてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧