費用・機能面で人気の高い人材派遣管理システムを厳選!ランキング形式でおすすめのシステムを紹介しています。

人材派遣管理システムを選ぶときは費用と機能どっちを重視した方がいい?

人材派遣会社は、スタッフが増えればそれだけ利益を獲得できますが、同時に仕事量が多くなります。しかし管理作業の負担を減らしてくれる人材派遣管理システムを導入しようとすると、費用を重視するべきか、機能を取るべきかという壁にぶつかります。そこで今回は、人材派遣管理システムは用で選ぶべきか機能で選ぶべきかを解説します。

人材派遣管理システムの賢い選び方

人材派遣管理システムを選ぶ際は、まず費用が予算内に収まっているかを確認します。次に、求めている機能が備わっているかを確かめましょう。費用が高くなればなるほど、機能は充実してきますが、不要なものが入っている場合も少なくないからです。会社の規模やスタッフ数に応じて、必要となる機能は違ってきますし、どんな職種にスタッフを派遣しているのかによっても、求められるものは違ってきます。

しかし、費用面はどんな人材会社であっても安ければそれにこしたことはないでしょう。求めるものが備わっており、価格も予算内であれば一番理想ですがなかなかそうしたシステムと出会うのは難しいもの。賢く選ぶポイントとして知っておきたいのは、まず人材派遣管理システムを比較検討するという点です。価格やサービス内容を比較できるようノートなどに書きだしてみることもできます。こうすることで、会社にあうシステムを見つけやすくなります。

人材派遣管理システムを費用で選んだほうがいいケース

人材派遣管理システムは費用の次に機能という順番が理想ですが、もちろん会社の規模などによって状況は大きく違います。前提は崩さないまま、ここでは価格を重要視したほうがメリットが多いケースについて紹介します。結論からいえば、会社の規模が小さく派遣スタッフも多くないなら価格を重視して選ぶのがいいでしょう。

理由は、そこまで充実したサービスは不要だからです。価格の安さをウリにしているシステムをいくつかピックアップして、より価格面が安くさらにサポート体制が充実しているものを選ぶというのがおすすめです。価格が安いというのは、事業を継続していくうえで非常に重要なポイントなのはいうまでもありません。

注意点としては、最安値だけで判断しないという点です。先ほど出てきたサポート体制など、その他の面もある程度は考慮に入れないと導入後に後悔することも充分に考えられます。時間とお金の無駄になってしまうので、サービスが複数あって選ぶのが面倒という場合でも決定する前に、しっかりと考えるようにしましょう。最安値より少しだけお金がかかるとしても、内容の質が大きく異なるというケースもあります。ですから、最安値に飛びつくのではなく、時間をかけてじっくり選ぶことが大切です。

人材派遣管理システムを機能で選んだほうがいいケース

人材派遣管理システムを価格ではなく、サービスの質で選んだほうがいいケースがあります。そのケースに当てはまるのは、規模が大きな人材派遣会社であり、今後さらに成長が見込めるという場合です。こうした会社であれば価格という面というよりもサービスの質に重点を置いてシステムの選択をするべきでしょう。

導入コストが高ければ高いほど、質も高くなります。ある程度お金に余裕があるなら、システムを選ぶ際はサービス内容をよく吟味して選ぶのが最適です。価格が一番高いものであれば、内容は申し分ないと思いたくなりますが、そうではないのがこのシステムの奥深いところといえるでしょう。会社の規模やどんな場所に人材を多く派遣しているのかといった内容により、必要となるサービスは大きく変わってきます。

まずは会社の実態をよく精査したうえで、どのサービスを得られるようにするのかを判断するという流れを忘れないようにしましょう。そして何よりも重要なのが、システムを決める前によく考えるという点です。すぐに決めてしまうと後々になって後悔することになりかねません。お金だけでなく、時間も余計にかかってしまうのでじっくりと時間をかけて選択するようにしましょう。

 

人材派遣管理システムを選ぶ際「価格とサービスのどちらを重要視すべきか」は簡単に決めきることのできない問題です。会社の規模や派遣している業種などによって選ぶべきシステムが大きく変わるからです。それでも全体的な傾向を見るなら、価格の次にサービスの質を取るという流れが主流になっています。

その中でも、価格を選んだほうがいいケースもあれば、サービスの質を選んだほうがいいケースもあります。どちらも共通していえることは、採用するシステムを決める前にしっかりと考えておくという点です。

ここをしっかりと認識し怠らないようにすれば、会社にとって一番効率的なシステムを使うことができるようになるでしょう。派遣スタッフからも派遣会社で勤務するスタッフの両方にとってもメリットとなるシステムを選ぶために、じっくりと考えることが大切です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧