費用・機能面で人気の高い人材派遣管理システムを厳選!ランキング形式でおすすめのシステムを紹介しています。

スタッフだけじゃない!クライアント管理できていますか?

人材派遣管理システムではパソコン管理の効率化や、セキュリティ強化をはじめ、コスト削減などがあります。その中で忘失しやすいのはクライアント管理で、様々なメリットがあるクライアント管理ツールを使うことができます。ここから様々な標的型攻撃のリスクも高まるケースがあり、セキュリティの強化は外せない課題です。

人材派遣管理システムのクライアント管理とは

人材派遣管理システムは、社内でのクライアントの運用状況などを管理することができ、そのソフトウェアのことを指しています。常に運用を管理するにあたって、クライアントを対象としている管理を行い、その業務は発注から破棄に至るまで全てを管理することができます。

セキュリティソフトや、アプリケーションソフトの管理名で行い、多岐にわたる使い方があります。社員ひとりひとりにパソコンを配布し、コンピュータ管理はしっかりなされており、煩雑でないクライアント管理をすることが可能です。

最近は特にパソコンだけではなく、タブレットやスマートフォンなどでも管理することができ、デバイスも導入されています。クライアントは大量で複雑になりやすいですが、それらは全て手作業で管理するには効率が悪いので、ツールを使うことが主流になりつつあります。購入から廃棄にいたるまで一括管理することができ、管理元のパソコンにはソフトウェアを配布するようになっています。

新しいソフトウェアや、新バージョンになっている情報をクライアントへ一斉に配布するシステムがあります。今までのソフトウェアはエンドユーザーによって、自分でインストールしたり運用管理する担当者が実際に行なっています。これは手間がかなりかかり、人によりソフトウェアのバージョンアップをし忘れたり、できないというケースもあり、セキュリティ面で危険性があります。新しいバージョンをあげるほどセキュリティが強化されますが、それに伴い機能がアップすることもメリットです。

クライアント管理を導入するメリットは何か

人材派遣管理システムでクライアントを管理するメリットは、サーバーで処理されているデータを端末に表示するのでデバイスにデータが残らないことです。これにより、それぞれの情報漏洩を防ぐことができますし、顧客情報を元に機密情報や個人情報なども、全てサーバーと接触することなく管理できます。

セキュリティ面で優れていることや、画面情報や入力情報などのみをネットワーク経由で送信するので、スマートフォンやタブレットで使えます。フリーアドレスを用いていたり、在宅勤務を行なっている人や、派遣社員などのたくさんのワークスタイルでも対応できます。

それぞれの端末には、常に毎日の業績データや業務データなどの管理がされており、メンテナンスがメインサーバーだけで良いところがメリットでもあります。またソフトウェアをアップデートしたり、インストールするなどの一括管理もでき、様々な負担が減ります。

様々なスタイルがありますが、ベースとなっている環境を全て一括で管理できるので、端末が増えても接続するだけで良いです。個人で了承なくインストールすることはできないので、セキュリティ面の強化になりますし、アップデートもコスト削減になっています。全てのイメージを反映することもできるので、トラブルを回避することができ、管理コストも人件費を含めて大幅に削減することができます。

クライアントを管理するデメリットは何か

基本的に人材派遣管理システムはメリットの方が多いのですが、少なからずデメリットもあるので企業に合わせた取り入れ方をします。ユーザーはディスクやメインメモリの使用量を減らすことができ、端末自体のパフォーマンスを止めることが可能です。減らしている全ての情報はメインサーバーが負担することになり、それらをたくさんのユーザーが同じタイミングで共有すれば、リソースが倍増することになります。

一括処理をメインサーバーで管理しているので、何かが原因でサーバー障害が起こった時に、全ての端末で業務が停止する可能性が考えられます。この問題は経営を続けていく上でも大きな影響を受けやすく、導入するときはこれらのリスクを理解しておきます。

全ての通信はネットワーク接続によって行われており、ネット環境がないときは利用することができないです。常にネット管理ができている自宅や社内では問題がないですが、社外へ出て利用する場合は通信手段を確保します。

画面データを送信する時に、関係上データ送信量が比較的多くなるので、長時間使うときはモバイル通信網であればデータ通信量の上限が関わってきます。データ送信量が多いこともありますし、長時間使うケースで何かの事情があり、サーバーが止まれば稼働が停止することがあります。通信回線を増やすことでこれらの問題点は軽減されますが、ゼロにはならないため意識して使います。

 

すべての状況下で人材派遣管理システムを使い、クライアントを管理する場合は、個人に頼ることなくパソコンで管理することができます。クライアントが増えて管理が難しくなってきたら、ツールなどを導入し効率よく業務をこなしていくことが可能です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧